アルミマーク

資源ごみのごみじゃぽん
最近のごみの分別や出し方は複雑になってきて、ごみを出すのも大変ですね。
自分の住んでいる地域のごみの分別や出し方で、わからないや困った時には市役所のホームページのごみ関連ページが大変参考になります。
ごみの種類別に分別早見表を掲載したり、ごみの出し方を項目別に分類してページ作りをしていますので、ごみの分別や出し方で困った時はぜひ自分の住んでいる地域のホームページを参考にして正しいごみ出しをしてください。







アルミマーク

<アルミ缶>
アルミのリサイクルマーク

アルミ缶


アルミ缶
アルミのリサイクルマークは資源有効利用促進法によって1991年10月より表示が義務付けられています。

 

ビールや炭酸飲料などはアルミ缶が多く使われています。アルミは軽くて冷えやすく、さびにくいという特性がありますが、やわらかいので凹みやすいという欠点もあります。強度を保つため炭酸ガスを入れています。

 

 

スポンサード リンク

 

アルミ缶リサイクル

まとめて押しつぶし、大きなアルミのかたまりにする。

高温の熱でアルミのかたまりを溶かします。

アルミを固めて再生地金を作ります。

薄くのばして缶材を作ります。

アルミ缶はアルミサッシ、自動車部品、同じアルミ缶へ主にリサイクルされます。缶から缶へのリサイクル率が高いのが特徴です。

 

 

ごみの出し方日のアルミ缶の出し方

皆さんの住んでいる地域のルールに従ってゴミの分別をする必要があります。間違ったゴミ分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

 

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

スポンサー リンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー
リサイクルマークの種類 パソコン処分 家電リサイクル

先頭へ戻る