小樽市資源ごみの出し方

資源ごみのごみじゃぽん
最近のごみの分別や出し方は複雑になってきて、ごみを出すのも大変ですね。
自分の住んでいる地域のごみの分別や出し方で、わからないや困った時には市役所のホームページのごみ関連ページが大変参考になります。
ごみの種類別に分別早見表を掲載したり、ごみの出し方を項目別に分類してページ作りをしていますので、ごみの分別や出し方で困った時はぜひ自分の住んでいる地域のホームページを参考にして正しいごみ出しをしてください。







資源ごみ 小樽市資源ごみの出し方

資源ごみ 小樽市のごみの出し方
資源ごみ 小樽市のごみの出し方について、小樽市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく資源ごみ情報を提供されています。
小樽市ホームページの中から、資源ごみやリサイクルのページを探し、小樽市の資源ごみの出し方を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

 

スポンサード リンク

 

リサイクルマークの種類(識別表示マーク)

プラマーク

プラマーク

アルミ缶マーク

アルミ缶マーク

リサイクル

マークの種類

(識別表示マーク)

スチール缶マーク

スチール缶マーク

ダンボールリサイクルマーク

ダンボールマーク

ペットリサイクルマーク

ペットマーク

紙リサイクルマーク

紙マーク

紙パックマーク

紙パック

携帯リサイクルマーク

携帯リサイクル

パソコンリサイクルマーク

パソコンリサイクル

資源ごみの出し方は住んでいる地域のルールに従いましょう
燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。
間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

 

 

小樽市資源ごみの主な品目の紹介

小樽市のごみの出し方のページを見てみると、次のような項目で資源ごみの分別・出し方が紹介されています。

 

資源ごみ 小樽市のごみの出し方

■小樽市資源ごみの出し方主な内容の紹介

ゴミ
ゴミの分け方・出し方
ごみや資源物は「収集カレンダー」で収集日を確認し、当日の朝8時30分までに出してください。

 

ごみ・資源物の区分に迷ったときは、 ごみ、資源物分別区分早見表 (50音順)をご活用ください。

 

資源物は、異物や汚れが付いているとリサイクルできません。異物や汚れを取り除いてから出しましょう。

 

燃やすごみの中に燃やさないごみが混ざらないようにしてください。

 

家庭から出される医療廃棄物の処理方法はこちらをご覧ください。

 

ガスライターなどの発火物の出し方について

 

 「燃やすごみ」にガスライターなどの発火物が混入されると、運搬車両の火災等の原因になります。発火物を入れないようお願いします。 

 

 (ガスライター類は、使い切って透明・半透明の袋に入れ、燃やさないごみの袋にすぐ離せる程度に縛るか張り付けて出してください。または、燃やさないごみの袋にガスライター類だけを入れ、袋に「ライター」などと表示して出してください。)

 

次のごみを出すときは廃棄物事業所(22-3854、ファクス兼用22-8141)に連絡してください。
 ・多量の花火、マッチ、クラッカー(爆竹)
  ※少量の場合は、水に浸し発火しないようにして燃やすごみ
 ・発煙筒
 ・血圧計(水銀)、体温計(水銀)、温度計(水銀)
 ・石炭、コークス、練炭、木炭、石
 ・石臼(いしうす)、臼(うす)
 ・多量の灰

 

 

■詳しくは… 小樽市ホームページ > ゴミ・環境 >ゴミ のページをご覧ください。

 

 

スポンサード リンク

 

家庭で使用しているパソコンは、メーカーによる自主回収・リサイクルが義務付けられています。
パソコン廃棄方法

 

●エアコン、テレビ、電気冷蔵庫・電気冷凍庫、電気洗濯機・衣類乾燥機
家電リサイクル法対象の品は、家電小売店が回収し、家電メーカーがリサイクルします。

 

家電リサイクル法対象機器の出し方
家電リサイクル法の政令改正により、家電リサイクル対象機器が、平成21年4月1日から家電4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機) に加え、テレビ(液晶・プラズマ式)、衣類乾燥機も対象となりました。
家電製品の出し方

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

小型家電リサイクル法知っていますか?

使用済み小型家電は、都市にある鉱山という意味で「都市鉱山」といわれるくらい、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有用な金属がたくさん含まれています。小型家電はリサイクルが可能な貴重な資源なのです。

使用済みになった家電製品のリサイクルは、これまで、テレビやエアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機といった「家電リサイクル法」に定められた4品目でした。

平成25年4月からは「小型家電リサイクル法」により、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機、時計、炊飯器、電子レンジ、ドライヤー、扇風機など、これまでの法律で対象となっていなかったほぼすべての家電を対象として、リサイクルを進めていくことになりました。

スポンサー リンク

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー
リサイクルマークの種類 パソコン処分 家電リサイクル

先頭へ戻る